画像の説明

他店のオーダー枕との違いについて

当店のオーダー枕は、セミオーダーのスタイルでご提供しています。
だから値段が11,000円(税込)とお求めやすい価格なんですね。

画像の説明

今やオーダー枕といったら、その価格は2万円以上が当たり前の時代のようです。

「枕に2万円~3万円では、買うのに勇気がいる」
「枕に2万5千円出しても、この悩みが解決する保証はないし・・・」
そういったお客様が、当店のオーダー枕を喜んで購入いただけます。

一口にオーダー枕と言っても、なぜこうも価格に違いがあるのか?

画像の説明
    

画像の説明
     

画像の説明
     

正直、枕自体の原価ってそう変わりは無いでしょう。
中身の素材がパイプならなおさらです。
実は価格の違い、その一番の要因は「測定器にどれだけお金がかかっているか・・」なんですね。

当店のオーダー枕では、西川リビングが開発した「快眠テスター」という測定器を使用します。
正直、これはそう高価なものではありません。
ここでこのような疑問が沸いてきます。

「高価な測定器を使ったら、もっと素晴らしいオーダー枕が出来上がるの?」

この質問に対して、私は「そうは思わないから」このセミオーダースタイルを継続しています。

画像の説明

左の画像をご覧ください。
適切な角度は、5度~15度とあります。
ここで勘の良い方はこう感じます。
「5度~15度って、ずいぶんと差があるんですね~。」

おっしゃるとおりです。
これが適切な角度が仮に8度と決まっているならば、私はたとえ高価でもその8度をキッチリ測れる測定器を導入しますが・・・。
適切な角度は一応の目安であり、そこにはお客様の好みも必ず関係してきます。
枕って、そもそも硬さを選ぶのも”お客様の好み”からですね。


ほとんどのオーダーメイド枕は、「購入後○年間は無料で、何度でも喜んで調整します!」とうたっています。

これはどういう事かと言いますと・・・。
例え高価なオーダー枕であっても、お客様が「これでは低い」と言えば高く調整し、「これでは高い」と言えば低く調整します。

「あなたにピッタリの高さに作りましたから、高さを変えずにそのままお使いください」とは決して言いません。

画像の説明

もう結論は出ているんですが、作ったオーダー枕が高いか低いか、その最終決定をするのは測定器ではありません。
お客様自身の感覚なんですね。

測定器を使って作る高額なオーダーメイド枕。でもその枕の高さは絶対ではない。

お客様の好みを無視出来ないのなら、私はセミオーダーのスタイルで十分だと思います。
あくまでも目安であるなら、そんなに高価な測定器も必要と感じません。

そもそも人の体は柔らかく、丸みを帯びて四角四面ではないのですから、正確な測定には限界があります。
また本当に”正確に測定”をするのなら、寝具店の店内にある敷きふとんに合わせても本当は意味がありません。

お客様が現在お使いの敷きマット、これに対しての「高さ測定」でなければ完璧ではないのです。

果たして現状のオーダーメイド枕を作るシステムが、この日本でそこまで進歩しているでしょうか?

我々が眼鏡を作るときは視力を測定します。
この測定は本当に大事ですが、視力測定の時に「本人の好み」なんて介在しないですよね。

オーダー枕を作る際の測定とは、正確さの次元が全く違うのです。

画像の説明

高価なオーダーメイド枕の店は、「セミオーダーはオーダーメイド枕ではない」という考えが一般的です。
しかし私は、「制限のある中で結果を出すことがプロフェッショナルだ」と考えます。

セミオーダーで満足する枕を作れないお店が、はたしてフルオーダーなら完璧な枕が出来るでしょうか?
オーダー枕作成時に一番大切なのは、しっかりと「調節できるスキル」です。

画像の説明

当店のオーダー枕は6つの部屋に分かれていますから、実にデリケートな高さ調整が可能です。
この枕を駆使して、快眠テスターでの測定値をベースに、私があなたの首のラインにピッタリ合う枕にカスタマイズします。

ここでは私の経験からくる、専門的なプロのアドバイスをさせていただきます。

お客様一人ひとりの悩みや現在の睡眠環境、寝姿勢のくせなどをカウンセリングして、お客様と一緒に『自分に合ったまくら』をお作りしています。
そしてオーダー枕は作る事より、「作った後のアフターフォローこそが肝心」です。

画像の説明

私、何事にも「適正価格」ってあると思います。

一番大切なのは、「価格以上の価値があるか?」ということですね。
素材の素晴らしさではなく、オーダーメイドで作るという「仕組み」だけで値段が高くては意味がありません。

私が目指すのは価格は1万円でも、価値は2万円のオーダーまくらを上回る枕
価格に対して、圧倒的な価値をご提供したいと考えています。

画像の説明

購入後のアフターフォローにも真剣に取り組みますが、「一生保証」などと大風呂敷は広げません。
軽々しく「一生保証」を約束するなんて、私は逆に無責任だと思います。

アフターフォローを軽視する店には次のような特徴があります。

・オーダー枕の再調整には予約が必要
・再調整では時と場合によって有料になる
・店員が嫌々まくらの調整をしているのがこちらで感じ取れる
・オーダー枕の再調整に行くと、「あなたの場合は敷きマットの買い替えが必要」と高額なマットを押し売りされる


お客様はオーダー枕が欲しいんじゃない。
新しく購入した枕で起こる「結果」が欲しいんだ。
そんな言葉を、私は常に肝に銘じています。

オーダー枕って、あなたは値段が高いだけで満足されますか?


お問い合わせ

画像の説明


画像の説明