画像の説明

他店のオーダー枕との違いについて

当店のオーダー枕は、セミオーダーのスタイルでご提供しています。
だから値段が11,000円(税込)とお求めやすい価格なんですね。

画像の説明
あなたにオンリーワンの眠りを

今やオーダー枕といったら、その価格は2万円以上が当たり前の時代のようです。

「枕に2万円~3万円では、買うのに勇気がいる」
「枕に2万5千円出しても、この悩みが解決する保証はないし・・・」
そういったお客様が、当店のオーダー枕を喜んで購入いただいてます。

一口にオーダー枕と言っても、なぜこうも価格に違いがあるのか?

画像の説明
    

画像の説明
     

画像の説明
     

実は価格の違い、その一番の要因は「測定器にどれだけお金がかかっているか・・」です。

当店のオーダー枕では、西川リビングが開発した「快眠テスター」という測定器を使用します。
正直、これはそう高価なものではありません。

ここでこのような疑問が沸いてきます。

「高価な測定器を使ったら、もっと素晴らしいオーダー枕が出来上がるの?」

この質問に対して、私は今のセミオーダースタイルでも「十分対応が出来る」と思い継続しています。

画像の説明

そもそも人の体は柔らかく、丸みを帯びて四角四面ではないのですから正確な測定には限界があります。

また「正確に測定」をするのなら、寝具店の店内にある敷きふとんに合わせても本当は意味がありません。

お客様が現在お使いの敷きマット、これに対しての「高さ測定」でなければ完璧ではないのです。

果たして現状のオーダーメイド枕を作るシステムが、この日本でそこまで進歩しているでしょうか?

そして枕は、例外なくお客様の好みが介在します。
オーダー枕は、硬さを選ぶのも測定器ではなく本人の好みですね。

我々が眼鏡を作るときは視力を測定します。
この測定は本当に大事ですが、視力測定の時に「本人の好み」なんて介在しないですよね。
オーダー枕を作る際の測定とは、正確さの次元が全く違うのです。

画像の説明

そして作ったオーダー枕が高いか低いか、その最終決定をするのは測定器ではありません。

お客様自身の感覚なんですね。

オーダー枕の店はどこでも、お客様の希望があれば高さの再調整をします。
「あなたに合った枕を作りましたから、高さを調整してはダメです」とは決して言いません。
(私もそんな強気な事はとても言えないです)

お客様の好みを無視出来ないのであれば、私はセミオーダーのスタイルで十分だと思っています。
あくまでも目安であるなら、そんなに高価な測定器も必要と感じません。

画像の説明

実はオーダー枕は、作る事より作った後のアフターフォローが肝心です。

当店ではこのアフターフォローに関しては決して手を抜きません。
中材の交換にも、喜んで無料で対応しています。

今まで、枕の調整でお金をいただいたことは一度もありません。
お客様に、「ホントに無料でいいのですか?」と言われたことは何度もあります^^

当店オーダー枕は、どのように作っても価格は11,000円(税込)
これ以上もこれ以下もありません。

画像の説明

「オーダーメイドで作る」という仕組みだけで、枕の価格が高くては意味がありません。
私は常に、「価格以上の価値をお客様に感じていただきたい」と思っています。

当店は一般的なオーダー枕のお店とはちょっと考え方が違います。
「高価な枕を、どのようにして売ろうか?」とは考えていません。

画像の説明

「11,000円の枕で、いかに”最高の結果”を出すか」

この点だけにトコトンこだわっています。

お問い合わせ

画像の説明


Posted by 野田清貴